道徳なき経済は犯罪であり、経済なき道徳は寝言である。

こんにちは、整骨院自費成功アカデミー主宰の松村です。

僕は兵庫県西宮市というところで生まれ育ちました。
幼稚園は町内の幼稚園、小学校、中学校は地元の公立の学校でしたが、高校は柔道をするために当時名門だった報徳学園という高校に進学しました。

有名なのはやっぱり野球ですね。
金村義明さんは今でもテレビに出ていますが、僕とちょうど一回り違う学年だったと思います。

相撲も最近なら栃の若がOBですし、ラグビーも日本代表にOBがいると思います。

残念ながら柔道では近年は有名選手は出ていませんが、昔はユニバーシアードチャンピオンの先輩もおられたり、全日本選手権で勝ち進む選手等もおられたそうです。

スポーツ校のイメージが強い(まあ実際スポーツ校ですが)母校の報徳学園ですが、教育理念は二宮尊徳翁の「報徳教育」がベースとなっております。

 

二宮尊徳・・・

もしかしたら知らない人もいるかもしれません。
しかし、二宮金次郎ならどうでしょうか?

あの有名な、薪を運びながら本を読んでいる像です。
二宮尊徳翁の幼少の頃のお話です。

僕が報徳に通っていた時代は、どこの学校でも「道徳」という授業がありました。
(一時期ゆとり教育で道徳の授業がなくなったと聞きましたが今はどうなのでしょうか)

母校報徳学園では、道徳ではなく報徳講話という授業があり、二宮尊徳翁の生涯や教えを学びます。

まあぶっちゃけ、あんまり面白くはない授業なので寝ている生徒多数。笑
しかし、僕はなぜか面白く思えて、授業を聞いていました。(他の教科は爆睡です)

二宮尊徳翁というのは、商売の神様と言われています。
地主や豪農に高利でお金を貸し、小作人には無利息でお金を貸す。
高利の金貸しで稼いだお金で、橋をかけたり堤防を作ったりと公共工事をする、ということで、当時、資金難の村を立て直すためのコンサル業的なことをやっていたようです。

授業では、二宮尊徳語録も教えていただけます。

その中の一つが、今回紹介させていただく

これです。

アカデミー内でも、僕は理念や道徳をものすごく重要だとお伝えしています。
アカデミーにはワークブックもありますが、まず理念を明確にしていただくことから始まります。

本来はどんな事業であっても、まず理念ありき、のはずなんです。

しかし、お金が儲かるからという理由だけの事業は犯罪を生みやすいです。
事実、大企業の様々な隠蔽事件や政治家もからんだ収賄事件などはまさしく「道徳なき経済」の結果だと思います。

 

我々の業界にしてもそうです。

肩こりや腰痛を捻挫や挫傷に置き換えて請求することは違法なことです。
にも関わらず、今でも平気でやっている人もいます。
「保険+自費」で保険単価を落とし(通院日数、部位数を下げ)、目を付けられないようにして収益を上げ店舗展開をしていく。

まさに「道徳なき経済」ではないですか。

 

これは自費にしても同じです。

アホみたいな値引きチラシをまき散らして、回数券を売りつける。
この方法は焼き畑農業的なのでいつか反応が出なくなるので、今度はその方法を同業相手に教えることで金を稼ぐ。

我々の業界の品位を下げるようなことをするだけでなく、いつか稼げなくなる方法を「すぐ儲かりまっせ!」って甘いコピーで集めてお金稼ぐことに、一切道徳は存在しません。

まさに「道徳なき経済」ではないですか。

そもそも甘い囁きに騙される柔整師もどうかとは思いますが。

 

治療の勉強をしたことがない柔整師が、「うちは治りまっせ!」と嘯いて保険だろうが自費だろうが患者さんからお金を受け取る。

まさに「道徳なき経済」ではないですか。

 

アカデミーでは、

 

経済がある道徳

 

を目指しております。

だからこそ、遠回りしないといけないこともあります。
辛い思いをしないといけないこともあります。
すぐに稼いではいけない先生には、はっきりそう言います。

 

なぜなら、自分に悪気がなくとも「道徳なき経済」の状態だと必ず何か大変なことが起こるから。

 

アカデミー会員の先生の約9割から好評だった「真・問診講座」を東京で開催します。
定員は10名ですが、先行で呼びかけたところ、なんとあと4名となってしまいました。

開催日は9月24日(月・祝)です。

先生の理念を自費で実現するために必要な講座です。

共感できる先生だけお申し込みください。

お申し込みはこちら

https://bk-adballoon.com/monshin-seminar/

 


投稿者: 正隆松村