アカデミー体験セッションを申し込む前に。

こんばんは、整骨院自費導入アカデミー主宰の松村です。

ちょっと毒吐かせてもらいますね。

2期募集の時から、募集の1ヶ月位前から体験セッションを開催させていただいております。

体験セッションの参加費はたったの3000円。

もちろん、それ以上の価値を提供できるように頑張っておりますし、値段に関係なく、私自身も気合いを入れてお話させていただくようにしております。

また、私自身の好みもありますので、時間が厳守とさせていただいております。

また、院を開業している先生対象となっておりますが、現在勤務していても、半年〜1年後に開業予定の先生ならば受け入れるようにしております。

しかし、この業界多いのが、開業してる先生だけっていくら書いていても、自分のところのスタッフを来させるヤツ先生。

以前、うちの院で体験セッションを開催した時、一人の先生が開始時間になっても来られなかったので、院の入り口の扉を施錠して、ロールカーテンを下げてセッションを開催しました。

その翌日、わざわざその先生から電話が。

 

「昨日、体験セッション開催されてましたか?」

 

だと?と聞かれました。

 

「はい、もちろんです。」

 

と答えると

 

「場所は先生の院であってますよね?」

 

だと。と聞いてきました。

 

「はい、開催してましたよ。」

 

と答えると

 

「いやね、うちのスタッフに行かせたんやけど、開いてなかったって言ってるんよ。」

 

なんでタメ口になっとんねん

「あ〜、そうなんですか。他にも参加されていた方が4人おられますので、全員に聞いてみます?時間通りに開催して、その時に私が”一人来られませんが始めます”と、他の先生方は10分前には来られていたにも関わらず、10分待っていただいて開始したのを証言してくださいますよ。それと、案内にも書いてありますように、スタッフの受講はお断りさせていただいているんですけどしっかりお読みになられましたか?」

 

と丁寧に回答させていただきました。

すると

 

「ちょっと待ってください」

 

と言いながら、電話の向こうでスタッフを呼びつけてる模様。

2〜3分待たされ(受付時間中なのでかなり迷惑でした)

 

「次はいつありますか?」

 

と聞いてきたので

 

「いつあったとしても先生は今後一切お断りさせていただきます」

 

と言って電話を切りました。

多分、スタッフにしたら、休みの日(その日は日曜日に開催でした)に、行きたくもないセミナーに無理矢理参加させられたわけです。

2時間位だから、ちょっと遅れていって、中で時間潰して帰ってこようという魂胆だったのかもしれませんし、もしかしたら道がわからなかっただけなのかもしれません。

まあ、私なら初めて行く会場とかなら、事前に場所を調べて、グーグルマップで見て、なおかつ会場周辺をストリートビューで確認して、最寄りの駅に1時間近く前には着くようにしますので、場所がわからないというのは単なる言い訳でしかないわけです。

問題は、スタッフはうちの責任にしようとしたということです。

 

「時間通りに行ったんですけど、やってませんでした」

 

とでも言い訳したのでしょう。

そんな言い訳を真に受ける院長も院長ですが、スタッフお断りと書いてあるにも関わらずスタッフを来させようとするような非常識な人なのでスタッフもその程度なのかもしれません。

 

また、これは体験セッションとは違う募集でしたが、すでにそのイベントは終了しているのにも関わらず

 

「すでに終わってますが、やってください」

 

と連絡してくる先生。

 

あきれかえってしまったので、返信もしておりませんが、自分のしていることが非常識極まりないということに気づかないのでしょうか?

そういう先生は、どうせアカデミーには向いておりませんので、最初からお断りです。

 

あと、意外に多いのが、

 

「その日、〇時まで〇〇があるので、30分ほど遅れて参加してもいいですか?」

 

という問い合わせ。

 

良いわけないでしょうに。

 

体験セッションは5月は後2回、そして6月の予定も出しているわけです。

その全ての日のスケジュールが埋まっている確率って何%くらいなんでしょうかね?

 

そして、仮にすべて重なっていたとしても、優先順位を自分でつけないといけない。

経営者なら、今の院にとって、自費治療を導入するための勉強の方を優先するのか、他のセミナーを優先するのか。

そんな判断もつかないようでは、申し訳ないですけどもアカデミーに入会してもついていけないと思います。

入会金のお金をドブに捨てるようなものです。

 

もちろん、そんな非常識な先生ばかりではありません。

 

「リラックスできる服装で」

 

と書かせていただいてるにも関わらず、わざわざスーツでお越しになった先生もおられます。

こういう先生を見ると

 

あ〜、すっごい真面目なんだろうな。凄いな。

 

と思います。

私なんかはリラックスできる服装でと書いてあれば、思いっきりリラックスできる服装を選んでしまいますから。

 

開始時間の10〜15分前にはたいがいそろいますし、ドタキャンも少ないです。

だからこそ、そういうほとんどの真面目な先生に迷惑をかける、非常識な一部の先生を受け入れるわけにはいかないのです。

 

気軽になんて来て欲しくありません。

気軽に申し込んで、気軽にドタキャンしたり、気軽に遅刻する、そんなことしてるから、そんな先生の院は、気軽にしか受診しない保険依存院から脱却できないんですよ。

自費治療の場合、予約制は必須条件になります。

予約時間を守れない患者さんや、ドタキャンする患者さんは超迷惑なわけです。

そして、自費でやっている先生はみなその対策をするわけですね。

そう、気軽にそんなことしている先生は、「対策される側」の人間ということになります。

自費治療を導入するや、移行するという前に、

 

「約束の時間は守る」

「言われたことは守る」

 

という、人として基本的なことから直していただく必要があると思います。

 

当アカデミーは、小学校ではありませんので、残念ながらそういうところまでは教えることはできません。

もし仮に体験セッションに参加されて、「入会したい!」となって、入会申込をされましてもお断りさせていただくことになりますので、お互い時間の無駄になりますので体験セッションにも参加されないようにしてください。

 

とまあ、キツいことを書きましたが、ほとんどの先生は

 

「そんなん、当たり前やん」

 

と思われていることでしょう。

 

でもね、世の中には色んな人がいるんですよね、まったく。

 

というわけで、小学校レベルではない、ある意味では大学院レベルのアカデミーの体験セッションは

5月17日(日)13時〜15時 ※残り1名様

5月31日(日)13時〜15時 ※残り4名様

6月6日(土)18時〜20時 ※残り4名様

6月14日(日)13時〜15時 ※残り4名様

となっております。

↓お申込みは今すぐこちらからどうぞ

体験セッション開催2


投稿者: 正隆松村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です