あなたも知らない間に著作権侵害をしてるかも?

こんにちは、整骨院自費導入アカデミー主宰の松村です。

さて今回は著作権のお話。

以前、Facebookページで「ネットリテラシーが低すぎます」という投稿をさせていただきました。
実際、私の院のサイトの画像や写真がパクられまくっております。

で、同業者には即刻削除依頼の連絡をしました。
最初はメールで連絡し、対応、返信がない場合は電話をしました。
こちらもちゃんと院名と氏名を名乗り、正々堂々と連絡しました。

面白いもので、こういうところで人間性ってのは出ますね。

 

 

ちなみに、メールの文面はこうです↓

〇〇鍼灸整骨院
院長 〇〇 〇〇先生
初めまして、私は兵庫県西宮市でまつむら鍼灸整骨院をしております松村と申します。
実は〇〇先生のサイトの〇〇のページで使用されている画像の中に、当院の患者さんの写真が使用されております。
http://——————.com/—の〇〇の部分の画像です。
これは当院のページ→ https://matsumura-jtac.com/info/osteopath に掲載しているように、当院患者の画像となります。
私自身、ずっと柔道をやっておりまして、この画像の足の主は私の同級生で、柔道の実業団の全国大会前に負傷し、完治せずに出場したために日本武道館までトレーナーをしに行き、全国3位になってとても嬉しかったという思い出のある怪我の写真ですのでとても記憶に残っております。
もちろん、〇〇先生が私のサイトから勝手に盗んだとは思っておりません。
多分、GoogleやYahoo!で「〇〇 画像」と検索し、そこで出てきたものを使用したか、作成した人が〇〇先生でない場合は作成した人がそれをしたのだと思います。
当院サイト内の画像に関しましては、著作権の関係上私と私が許可した場合のみしか使用ができませんし、正直申しまして、どのような理由があったにしろ、自身の画像や写真を無断で使用されるのはあまり良い気分ではありません。そして当院サイトのページにはすべて「Copyright ©」をつけております。
〇〇先生にはお手数をおかけしますが、現在著作権侵害となってしまっておりますので、当該画像を即刻削除していただきたくご連絡させていただきました。ご対応のほど、よろしくお願い申し上げます。

最初からけんかを売ったわけではないことをおわかりいただくために文面を紹介させていただきました。
ほとんどの先生はメールの時点ですぐに返信があり、

「申し訳ありません」

と謝罪とともに一瞬で対応してくださいました。

ただ、スタッフをたくさん雇用しているところや、分院展開をしているところは、返信がないことが多いので直接連絡するということが多かったです。
そして連絡すると、

「スタッフが勝手に〜」「知らなかったんで〜」

という感じで、謝罪もなしに延々とパクった言い訳をしていました。
ひどい場合は、

「まず”ごめんなさい“じゃないんですか?」

と礼儀を指導させていただきました。
正直マニュアルだなんだの前に、ちゃんと礼儀作法や「悪いことしたら謝る」という道徳教育せえよって思いましたね。

あとは謝罪メールもなしにただ画像、写真を削除しているというパターン。
法律って、「知らなかった」と言っても違反していいわけではないんですよね。
それだと、人を殺しておいて「え?人って殺したら法律違反なんですか?知りませんでした?」と言ったら、とりあえず日本に在住している人1名につき1人は殺していいということになってしまいますから。
だから、パクった自覚がなくても法的観点からパクっていたらそれはその人が悪いんですよ。

謝罪もないのは、「あ〜、運悪かったな」とか「うざいな」とかそういう理由で謝罪もないのでしょうかね。

加害者にも被害者にもならないためには、自衛しないといけません。

ムナクソ悪いでしょ?
自分の患者さんの写真無断で使われたり、お金払ってプロに撮ってもらった写真パクられたり、苦労して作ったイラストパクられたりしたら。

 

加害者にならないために

メールの文面にも書いていましたが、GoogleやYahoo!で「鍼灸 画像」や「肩こり 鍼灸 画像」などで調べて、そこで出た画像を「右クリック→別名で保存」が絶対に辞めましょう。

実際にやってみました。

↓はシークレットウィンドウで「鍼灸 画像」で検索したものです。

ちょっと下にスクロールしますね。

↑の画面の、一番下の左から2番目の画像は、うちで制作したアカデミー会員の先生の写真です。
こちらですね→ https://fujii-hone.com/acupuncture

↓この通りです。

では、実際にこの画像をクリックしてみましょう。

公開処刑のようになってしまって申し訳ないのですが、修正とか入れる暇もないし、知らずと言えどもパクったほうが悪いのでので入れませんでした。

文面だけは伏せ字にしておきますが「そ〇〇み整骨院鍼灸マッサージ院」となっておりますね。

そう、この院は多分検索で出てきた画像を使っちゃったんです。
まさかわざわざ院のサイトに行ってパクったとは考えにくい。
もしそうなら確信犯ですから超悪質ですが。
この写真は、会員の藤井先生が、頭を下げて患者さんにモデルをお願いし、プロカメラマンにお金を支払って撮影した写真です。

使用できる権利があるのは、藤井先生か藤井先生が許可をした場合だけ。
ということで、そ〇〇み整骨院鍼灸マッサージ院さんはアウトです。

いや〜、本当に公開処刑的で申し訳ないんですけど、私自身ボカシを入れるテクニック持ってないんですよね。
そういうのは嫁さんにお願いするんですが、今嫁さんはサイト制作で手一杯でして、そんなのも頼めない。
ホントすみません。
まあ、しゃーないですね、知らないとはいえ無断使用しちゃってますからね。
(もし知り合いの方がいたら教えてあげてください。削除確認できましたらこの写真は差し替えます)

これ、検索キーワードに「フリー」とか「無料」ってつけても出てくるときは出てきます。

無料でイラストや写真を使用したいなら、それ専用のサイトがありますのでそこからひっぱりましょう。
鍼灸や整体風景などの特殊なものは、自分で撮るかプロにお願いするかして、手間か金をかけましょう。
そうすると、知らない間に加害者になることもありませんし、実際にパクられたときの気持ちもわかると思います。

これ、有料の写真サイトから購入したものを知らずに無断使用した場合、その会社から使用料を請求されます。
実際、うちで制作したサイトの写真やイラストも、今後は無断使用料を明確に掲載し、しっかり請求していくつもりです。

検索で画像やイラストをひっぱってきちゃってる先生、ある日私から使用料請求があるかもしれませんので、そのような写真を使ってる先生は今すぐ削除しておいてくださいね。
もうかなりの数の院のサイトを制作してるので、それに比例してうちが作ったサイトの写真は出回っておりますよ。

 

知らない間に被害者になっていないか知る方法

まずは調べたい画像を出します。

うちの写真でやってみました。

この画像を右クリックすると↓

こういうのが出ますので、「Googleで画像を検索」をクリックしましょう。

すると検索結果が出てきます。
自分の院以外が出てきたら、その院は先生の画像やイラストをパクっているということです。

あとは問い合わせフォームか電話で削除依頼をするという感じです。

 

無知は罪

先述したように、「知らなかった」で済まされる問題ではありませんので、「知らなかった」と言っても使用料は請求されます。この業界は他業界と比較してもネットリテラシーが低いのかもしれませんが、知らないことがそもそも罪なのです。

このブログを読まれて「ヤバイ、検索で画像拾って使ってる!」という場合はすぐに全部削除しましょう。

特に専門的な画像やイラスト以外の場合、それ専門の業者が販売したものがあるかもしれません。
聞くところによると、かなりの金額(10万、20万以上)を請求されるそうです。

被害者になっている場合は、面倒からずに対応していきましょう。
患者さんの身体が写ってる場合は、患者さんも良い気はしないでしょうし。

私も今後、自身の院だけでなくうちで制作したサイト全てのイラストや写真に関して、無断使用料を設定し、徹底的に管理し、随時請求していく予定です。

 

 


投稿者: 正隆松村