【患者目線からの高橋ブログ】なんということでしょう!

自費成功アカデミーの特別顧問の高橋です。

私は治療家ではないので、完全に患者としての目線からブログを書いています。

治療家のあなたにとって、何かの気づきになれば幸いです。

 

さて、これまで悪徳整骨院や無能な整形外科に失望して(怒られるかなぁ…)

マッサージで誤魔化すことを繰り返し

自分の腰痛はもう治らないんだと思っていた私ですが、

 

これまでの経緯は過去のブログをお読みください。

第1回「整骨院では治らない!?」

第2回「整骨院では治らない!?②」

第3回「そうだ!整形外科へ行こう!」

第4回「マッサージって気持ち良いですよね? でも…」

第5回「患者は巡るよグルグルと」

 

いよいよ救世主に出会いました。

もちろん、それが松村さん。

 

しかし、出会いは最悪。

あるコンサルタントが主催する会のイベントで、私は松村さんと出会いました。

初対面で名刺を交換するときに

「あ、整骨院をやってはるんですね。整骨院って治らないんですよね?」

と、言ったらしいのです。

 

私は、まったく覚えていなかったのですが、松村さんからは、今でも仇のように言われます。

その松村さんがイヤらしいのは、そこから「治療できるよ」とか、「治療しに来れば?」という提案を一切しないのです。

しかも、後から聞いたら、私の身体を見て、

「こんな歩き方してたら、悪くなって当たり前やろ」って、ずっと思ってたと言うのです。

 

もっと早く言うてくれよ!って話なのですが

出会いが最悪だったので、仕方ありません。自業自得です。

 

そんなこんなで、出会ってから1年近く経ったある日に一緒に高野山へ行こうということになりました。

高野山を散策しているときに、私の歩き姿を後ろからクスクス笑いながら松村さんが見ているのです。

感じ悪いなぁと思っていたのですが、そこで、私はハタと気がつきました。

「あ! 松村さんって柔道整復師やった!」

 

私は松村さんに駆け寄って

「実は僕、ずっと腰が痛くて、右足が痺れるんですよ」と、痺れる右足の太もも辺りをさすりながら、子犬のような可愛い瞳で訴えると

松村さんが「でしょうね。そんな歩き方してたら、悪くなって当たり前ですわ」と素っ気なく答えます。

ここにきても、まだ治すとは言わない意地悪さんです。

 

でも、私は「これって治りますか?」と、汚れのない少年のような瞳で尋ねたら、「当たり前ですやん。治るに決まってますよ」と、これまた北極の氷のような冷たい返し。

くじけることなく、私はそこで松村さんの院の予約を取ってもらったのです。

 

整骨院に通うために大阪市から西宮市に行くなんて普通に考えたら、有りえないことだったのですが、

かすかにでも見えた腰痛からの解放という光に、そんなことは瑣末なことに思えます。

 

そして、数日後に松村さんの治療院に行って、驚いたのは

まず、意外と狭くて、今までの整骨院で見てきたような機械がないこと。

無駄なものがなく、数台のベッドが整然と並んでいるだけ。

 

これなら、意味のない機械回りをさせられることはありません。

そして、患者も自分一人だけで、待合いや機械を回るたくさんの患者さん達はいません。

これだけで、来て良かったと期待が膨らみます。

 

とりあえず、待合いの椅子で問診票を書きます。

そして、ベッドへ案内され、着替えるように促されて、カーテンを閉められます。

 

着替え終わると、松村さんから問診をされて、いくつか質問に答えます。

すでに高野山でも症状については、聞いてもらっていましたので、簡単ではあったと思いますが

それでも、今までは誰も聞いてくれなかった、自分の困っている腰痛について

しっかり理解してもらっているという安心感で大船に乗った気持ちでした。

 

大まかに今日の治療の流れについて説明されて、治療開始。

一通りの治療が終わると「はい、今日はこれでOKで〜す!」明るい松村さんの一声。

治療後は、今後の生活上で気をつけるポイントや次回の治療についての説明を受けて終了です

 

結果的には、たった1回の治療で、右足の痺れは取れてしまいました。

そして、今までに感じたことのないような腰の軽さ!

「なんということでしょう!」(某リフォーム番組のナレーション)というレベルです。

 

正直に言って、整骨院に数千円も払うというのは、抵抗があったのですが、自分の身体がここまでの調子の良い状態になったのは数年振り。

もう治らないと諦めていた腰痛が、まったく問題ない状態に戻ったことを考えると安いものです。

それに、治らないのに払っていたお金、マッサージに費やしたお金を計算してみると、決して高くないと思い直しました。

 

それからは、松村さんに言われたことを素直に守り、数回通っただけで、嘘のように腰痛はなくなったのです。

今では6ヶ月に1回くらいのペースで、メンテナンスを受けています。

それで、身体の不調を感じることはなくなりました。

本当にありがたいことです。

ものすごく感謝していますし、感動すらしています。

 

ところが、それを松村さんに伝えても

「良かったですね。でも、治すようにしてるんやから、治るのは当たり前やん。高橋さんくらいの症状を直せない治療家がいるってことの方が驚きやで」と

この期に及んでも南極の大氷原のような冷たく素っ気ない返答…

ただ一緒に喜んで欲しいだけなのに、

なんだか、せつない片思いのようです。

 

そして、「ちゃんと治してくれる整骨院もあるんだ」と、私の整骨院に対する見方は180度変わったのです。

そこから、私のようにダメな整骨院(治療家)に振り回される人を減らし

松村さんのようにきちんと治療できる整骨院を増やして欲しいと

自費成功アカデミーのお手伝いをするようになったのでした。

 


投稿者: 高橋あきひろ