【患者目線からの高橋ブログ】マッサージって気持ち良いですよね? でも…

自費成功アカデミー特別顧問の高橋です。

私は治療家ではないので、完全に患者の目線からブログを書いています。

今回でブログも4回目になりました。

 

これまで、どのような経緯で整骨院のことが信じられなくなったのかを書いてきました。

今回は、ついに整骨院も整形外科も信じられなくなった一人のおっさんが

マッサージ(沼)にはまっていく様子を振り返ってみます。

 

腰痛で困っているという話がでると、友人や家族から

「〇〇整骨院はえーでー」と薦められることがあります。

その理由というのが大阪の場合は、たいがい「長い時間もんでくれる」からなのです。

 

自分も結局治らないなら、少しでも長い時間もんでもらう方が良いのでは?

と考えた時期もありましたが、それならマッサージ専門の店に行く方が良いと思っていました。

なんせ、意味のわからない機械ローテーションが大嫌いだったのと

年配の方々のサロンみたいになってて、騒ついている雰囲気が嫌いだったからです。

 

そこで、今から考えると本当にもったいないお金の使い方をしていたのですが

週1回〜2回はマッサージ専門店に通っていました。

 

当時は30分2,980円なんていう価格で、店がたくさんあったので

その中から、会社や家から場所が近くて、気に入った人がいる店を選んで通っていたのです。

 

指名料を払えば、気に入ったスタッフを指名できる店もありましたが、

そんなお金は使いたくないので、当たりの多いスタッフが多い店を選んでいました。

 

そこで、60分コースでマッサージしてもらいます。

スタッフから「どこが疲れていますか?」と聞かれますが

毎回、「全身です」と答えて、満遍なくもんでもらいます。

 

60分もんでもらうと、その時は体が軽くなったように感じて、気持ちが良いのです。

整骨院よりは高いお金を払っていますが、

整骨院では感じられなかった、静かでリラックスした雰囲気で癒されたような気持ちになりました。

 

すでに整骨院では治らないと諦めていたこともあって

マッサージにはかなりのお金をつぎ込みました。

 

当時は、呑んで→サウナ⇄水風呂→マッサージという自称「ゴールデンコース」が大好きでした。

後で、松村さんに聞いたら、身体にとっては、とても危険なことをやっていたことを知り

(特に私は痛風持ちということで、血管に負担をかけ過ぎるのは良くないってことで)

今では、絶対にやらなくなりました。

 

そして、こんなにはまっていたマッサージも

「下手なマッサージを受けすぎると、逆に身体に悪いこともあるんですよ」

という松村さんからの話を聞いてからは、一切行かなくなりました。

 

それでも、松村さんはマッサージの全てを否定しているわけじゃなく

「たまのリラクゼーション目的なら、マッサージも良いんとちゃいますか? 気分転換にもなりますよ」

とは言ってくれていますが、もったいなくて、もうマッサージには行けません…

 

その代わりと言っては何ですが、今では半年に1度

松村さんにメンテナスで体をチェックしてもらっています。

これで、身体に痛みや支障が出ることがなくなったので

今では、身体にかけるコストは大幅に下がっています。

 

本当に無駄なお金の使い方をしていたと後悔しかありません。

良い治療家の知り合いを作ることは、かかりつけの医者を作るのと同じくらい大切だと思います。

今回は、良い感じで締めくくれました。

 

次回へ続く…


投稿者: 高橋あきひろ

【患者目線からの高橋ブログ】マッサージって気持ち良いですよね? でも…」に1件のコメントがあります

現在コメントは受け付けていません。