柔整師が自費治療で成功する方法。

こんにちは、整骨院自費導入アカデミー主宰の松村です。

 

今、我々の業界では

「〇ヶ月で月商〇〇〇万円!」

とか

「誰でも反応率〇%のチラシ!」

などというあたかも「なんだか言う通りにしてたら楽に稼げちゃうぜ」的なコピーが溢れています。

 

魅力的であることは否定しません。

誰だって、なるべく楽して稼ぎたいですし、答えがあるなら教えていただきたいものです。

 

私だってそうです。
エラそうなこと書いてますけど、しんどいのは好きではないですし、できるならどんどん楽をしたい、そう思います。

 

なぜ私はすぐに「楽」を選んでしまいそうになるのか?

それは、私が弱い人間だからなんです。

本当に強い人間というのは、「苦」を「苦」と思うことなく努力し続けることができます。
しかし私は「苦」を「苦」と思ってしまう弱い人間です。
実際人生40年生きてきて、何度も「楽」な道を選んでしまって後悔したことがあります。
もしすぐに「楽」な道を選択せずに、あえて苦しい道を選択することができていたならば、私はもっと柔道が強かったでしょう。

院経営でもそうです。
すぐに楽に逃げてしまったからこそ、最終的に「いきなり自費化して院を潰しかける」というところまで追い込まれたのでしょう。

 

経験者だからこそわかるのです。

 

 

楽な道というのは、弱者のための道です。
道交法でもそうですよね?歩行者は交通弱者です。
だからこそ歩道は守られているところも多いですし、歩きやすく舗装されているところも多いです。
また、高速道路に歩道はありません。

 

私を含め、弱い人間はすぐに楽な道を選択したがります。

 

しかし、楽な道の先に物事の本質はない。

 

だからまた何か困難に遭遇した時にも、楽な道に逃げます。
そうやって楽な道ばかりに逃避する癖をつけると、最終的には人を欺いたり、蹴落としたりし始めます。
最初は罪悪感などがあったとしても、楽して成果が出るこの麻薬のような行為をやめられなくなってしまいます。
最終的には罪悪感すらなくなり、自分が正しいと思い込んでしまうのです。

ただ、根が善人で悪いことができない、弱い人間もいます。
そんな人たちは

「私だって苦労してるのに」

と泣き言ばかり言います。
自分で言ってるうちは大したことはないんですよね。

 

柔整の療養費はいい例です。
以前、美容室を経営している知り合いに

「え?料金の7割を国が負担してくれんの?むっちゃヌルい商売ですね〜」

と言われたことがあります。
当時はむちゃくちゃ腹が立ちましたが、今ならその美容室経営者と全く同じことを言えます。
保険どっぷりの柔整師はもはや自分で脳ミソに汗かいてどうこうしようとする人が少ないです。

業界団体のエライさん方を見たらよくわかります。
弱者ゆえの言い訳ばかりして、肩こりや慢性腰痛を請求していることには目を背けながらなんとかこのぬるま湯を維持しようとすることばかり考えてきた結果が今ここにあるわけです。

これは業界団体だけでなく柔整学校も同じです。
まさか国が裁判に負けるわけないと思っていたことでしょう。
裏口入学が当たり前の時代、どれだけの大金が学校に入ってきたのか?
それらをしっかりストックしていたら、現在でもそれほど学生不足で経営に悩むこともないでしょうし、良い教員が流出することもなかったのではないでしょうか。

 

私自身も弱い人間だから、ふとした時に楽な方に逃げよう、逃げようとしてしまいます。
だからこそ私は、自分を逃げ道のないところまで追い込むようにしています。

「やらなしゃーない」

という環境にするのです。
私が自費移行したのもそれが理由です。
自費の売上を確保してから移行しようと思っても、保険に甘えてしまっていつまで経っても移行できないから、先に移行したんです。おかげで本当にしんどい思いをしましたが、売上回復するまでの数ヶ月というのは本当に濃密な時間でした。

あの濃密な時間を体験することによって、私の脳はかなりバージョンアップされましたし、自分自身の弱さを今までよりも更に客観視することができるようになりました。
そうすることで、またひとつ「強い人間」に近づけたんじゃないかと思っています。

柔整師の先生方、もう保険という楽な道の辿り着くところが地獄であることはわかっていると思います。
あとはあなたが『退路を断つ』という決断をするかしないかで今後の人生に大きな差が出てくると思います。

グダグダと言い訳ばかりして楽な道に逃避する前に、自分が今選択した楽な道を否定し、あえて自分が選択しなかった方の道を選択するべきです。

そろそろ人生にケジメをつけてみてはどうでしょうか?

 

退路を断ち、「こっちしんどそうやな」と思った道を選択し、歯を食いしばって頑張り、それでもダメな時にはなぜダメなのか、自分に何が足りないのか考え、足りないものを補い、良いところをもっとのばしていく、それこそが確実に成功する方法だと思います。

 

 

 

 

アカデミーでは、

「やることありすぎて時間が足りない」

とか

すでに成功されている先生に

「先生の1日のタイムスケジュールどうなってるんですか?」

と質問が出るほど、しんどいようです(笑)

ただ、楽な道ではありませんが、効率的ではあります。
「急がばまわれ」という感じでしょうかね。

そんなアカデミー、11月から5期生を募集します。

また、現在メルマガ発行の準備を整えておりますが、関東、九州地方の方には良いお知らせができると思います。

 

メルマガ会員でない先生は10月に開催する「真・治療院マーケティング講座」を受講されます時にそのあたりもお知らせさせていただこうと思います。

 

残り2席となっておりますが、決して楽してお金を稼ぐ方法を教える講座ではありませんので、実践する覚悟のある先生以外は申し込まないでください。

お申込みはコチラ

https://bk-adballoon.com/marketing_seminar/

 

※下記地域の方はすでに受講できません。

兵庫県
西宮市・芦屋市・尼崎市・加古川市・小野市・たつの市・神戸市西区・神戸市東灘区・神戸市長田区・神戸市須磨区・神戸市中央区・淡路市

大阪府
大阪市中央区・大阪市城東区・大阪市都島区・大阪市住吉区・和泉市・泉南郡・高槻市

京都府
京都市北区・京都市山科区・京都市西京区・京都市中京区

和歌山県
和歌山市北部

岡山県
倉敷市

香川県
高松市

福岡県
福岡市南区

埼玉県
さいたま市大宮区

東京都
新宿区

千葉県
野田市

愛知県
豊橋市・半田市

 


投稿者: 正隆松村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です