「このまま病院に勤務し続けて本当に良いのだろうか」と自分の将来に不安を感じている理学療法士の方へ

こんにちは、整骨院自費導入アカデミー主宰の松村です。

さてさて実はわたくし、ある講座の講師としてお呼びがかかりましたので今回はそのことを書かせていただきたいと思います。

 

当アカデミーの基礎を作っていただいた経営コンサルタントの増野さんの紹介で、当時京都大学大学院で腰痛と膝痛の研究をされていた理学療法士であり、現・株式会社バックテック代表取締役の福谷さんと知り合ったのはもう1年以上前になるでしょうか?
それから交流が始まったのですが、理学療法士ってなかなか知り合う機会もなく、福谷さんとお話するまでは理学療法士って患者さんのリハビリメニューを作って、あとは横について「1回、2回」と数えたり、「頑張って!」って言ったり、リハビリの指導だけをする人たちだと思い込んでいました。

どうやらそれは理学療法士の方も同様のようで、柔道整復師がいったい何にこだわり、どんな勉強をし、どんなアプローチで治療をしているのか等知らない理学療法士も多いということもわかりました。

意外に似てるところ多いんですよね〜

そして現在理学療法士の方が置かれている環境まで似ていますね。
柔道整復師は、我々が業界に入った頃というのは全国に20校程度しか養成学校がなかったため、学校に入ること自体が狭き門でした。
全部の学校がそうだとは言いませんが、そういう環境に胡座をかき、斜め裏口入学くらいのシステムが存在していて、その学校にコネのある整骨院の先生に口を聞いてもらって、寄付金を払わないと学校に入れないという、今考えると非常に腐ったシステムでした。
我が母校には愛着もあり好きですが、あの無駄な寄付金だけは今でも本気で返金して欲しいと思っています。
しかし国が裁判に負け、福岡に柔整学校ができてから変わりました。
現在は10倍以上の数の学校が全国にあります。
狭き門で、なおかつ修業も厳しく給料も安かった時代、開業したらよほどのことがない限り飯が食えると言われたものが、今は柔道整復師の数が増えたため接骨院・整骨院の数もコンビニよりも増えてしまい、その結果倒産する院も出てくるようになりました。

福谷さんに理学療法士のお話を聞くと、昔は資格を取るとそこそこ良い給料で雇用してもらえたものが、理学療法士の人数が増えたことと保険点数の事情などから雇用が減ったり給料が下がったり上がらなかったりして、将来に不安な理学療法士がたくさんおられるということをお聞きしてました。

しかし、そのような環境の中でも整体院として開業される理学療法士の方も増えてきたようですし、福谷さんのように会社を立ち上げるという方も少数ながら存在するようです。

理学療法士の方って、間違いなく柔道整復師よりもとても勉強されていると思うんです。
(もちろん凄い勉強されている柔道整復師の方もたくさんおられますが)

にも関わらず、それが将来の糧にならないというのはなんだか悲しいことだと思います。

さてまあそんな、ちょっと悲壮感漂う雰囲気が業界内であるそうで、福谷さんがそういう現状を打破していきたいという熱い想いを語られていました。

「福谷さん熱心だな〜」と思っていたのですが、なんとその福谷さんが講座を主催されるそうで、そこに私がゲスト講師としてお話させていただくことになったのです。

その講座は、「理学療法士のための起業講座」というのですが、
私は治療院を経営している立場から色々なことをおお話させていただくことになりました。
ただこの講座、勘違いしていただきたくないのは「起業を考えている理学療法士対象」ではないということなんです。

「このままでいいのか?」

と将来に悩んだり、不安に感じている理学療法士の方ならどなたでも参加可能なんです。
というのも、会社を設立するにしろ、治療院をするにしろ、経営者になるというのには「適性」というものもあるんです。
要するに向き不向きですね。

まだこれは福谷さんにはお伝えしていなかった内容なんですが、私がお話させていただくパートでは、経営者に向いてる人、向いていない人というネタも盛り込んでおります。

実は今の職場に不満のある方って、単に環境に順応できないという問題ではなく、意外に経営者タイプだから雇用されること自体不満に感じていることがあったり、その逆で「いつかは起業」などと思っていても「いやアンタむいてないで」ということもあったりして、適性に合致してないことをするとあまり上手くはいかないのです。

私は今でこそ一人院でやっていますが、過去のスタッフに独立した子もいますし未だに他院で勤務している子もいます。
色々な子を見てきた経験から、経営者向きか、それとも被雇用者向きかというのはだいたいすぐにわかってしまうのです。
ですので、将来に不安を感じている理学療法士の方は自分の本当の適性を知るために受講されても十分メリットがあるように思います。

もちろん何かしらで独立したいとお考えの方に関しては、実際のリアルな治療院経営の実態と、最近流行りの治療院コンサルタントの裏側までお話させていただきます。将来起業を考えられている方が、そういう胡散臭い人たちに騙されることなく頑張っていただきたいと思っていますので。

また、講座終了後に懇親会も開催されるようなので、それに私も参加させていただきますので色々と個別に相談していただけましたらアドバイスさせていただくことも可能です。

「俺(私)、このままでええんやろか?」

と不安に感じておられる理学療法士の方は、ぜひ7月24日(日)の講座を受講してみてください。

受講料はなんとたったの2980円!
でも、値段関係なく気合い全開でお話させていただきます。

講座へのお申込みは

【第1回:理学療法士のための起業講座-ベーシック編-】

コチラをクリックしてくださいませ。

理学療法士の方々にお会いできるのを楽しみにしております!


投稿者: 正隆松村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です