今週の俺、全然ダメ。。。

こんばんは、整骨院自費導入アカデミー主宰の松村です。

今回の記事のタイトルでワンピースを連想したあなたはなかなかワンピースマニアです(笑)

いや〜〜〜、久々にやっちゃいました。

今週月曜日に1年以上メンテナンスで通われてた患者さんを離脱させちゃいました・・・・・

結構ショックです。。。。。。

いやはや、そのショックで今日までブログも書けませんでした。

自分が悪いのはわかってんですけど、誰かのせいにしたくなります(笑)

でもスタッフも誰もいないので間違いなく僕の責任なので何も言えません。。。。。

あ、ワタクシ「全部経営者の責任!」なんて寛大なことはよ〜言いません。
何かアカンことやった場合、それが私(経営者)が指導してなかったのなら私の責任ですが、伝えたにも関わらずやらかしたことには、とこっとん責任追及します。追い込みます。それが愚かだとか、経営者として失格だとか言われても許せないものは許せないので徹底追求します。
これね、多分チーム競技をやってた人間と個人競技をやってた人間の思考の違いなのかもしれませんが、私は他人に迷惑をかけるのが嫌いですが同様に迷惑をかけられるのも本当に嫌いなんですね。
チーム競技をする人って、仲間のミスで負けたとしても、そのミスをカバーできなかった俺らも悪いということになるそうです。
僕なら「お前のミスで負けたぞ」って言ってしまいますね、間違いなく。

だからこそ、自分自身もミスしないように最新の注意を払い、スキルを身につけてやっていくという覚悟を持っていますし、ミスした時はどんな叱責でも受ける覚悟もあるわけなんですが・・・・
(そんなおよそ経営者には向いていないタイプの人間なんですが、なんと今求人を出しているという無謀なことをしていますが)

そんな僕がミスを犯したわけですよ。

なので、ホンマ病みます、凹みます。。。。

正直、今でもまだちょっと落ち込んでいます。

ということで、これで終わっても仕方ないです。やってもたものはどうしようもない。
なぜ離脱したのか考えて、二度とこんなことがないように対策を練っていけばいい・・・

のですが、どうせなら何をどうやって離脱させてしまったのかを恥を忍んで書いていきたいと思います。

患者さんは50代前半の女性。主婦でパート勤務をしています。当初は肩こり、片頭痛、腰痛で受診しました。
症状はすぐに改善され、メンテナンスに移行しました。ただ、この方は少し意識が低く、色々手を変え品を変え指導をするのですが、どうしても日常生活内で「これ痛い原因やで〜」ってのを改善してもらえず、少し症状は残っていましたが、まあそこに不満を持つわけでもなく、淡々と月1回受診されていました。

コミュニケーションもなかなか手強い相手でして、なんというか、表面上の会話しかしない感じなんですね。

まあでも通ってるしいいか〜みたいな感じでず〜〜〜〜と1年以上も通ってもらっていました。

なので正直、その患者さんの治療はルーティンのようになっていました。

私も心のどこかで

「どうせこれ以上改善させる気ないでしょ」

と思ってましたし、まあ私も経営者なので今の状態で月1回通い続けてくれるなら別にそれでええやんと思ってやっていましたし、1年以上笑顔で来てはくれてたし、「患者さんの声」も快く書いていただいたので、安心しきってました。

今週の月曜日は・・・・

まず、私が二日酔い(笑)
いや〜、前日に自費導入基礎講座を開催し、その後懇親会したのですが、一人の先生と色々話し込んでしまって二軒目に。
3時前くらいまで飲んでいたんですね〜

それプラス、禁煙による体調不良がまだ持続してる状況。

コンディションも悪かったんですね〜

あ、安心してください、言い訳ですよ(笑)

実は結構ムチャクチャやってるように見られるんですが、そんなことなくて、毎日なるべく良いコンディションで治療できるようにある程度摂生してるんですよ、ワタクシ。

というのも、我々治療家というのは、毎日試合するスポーツ選手のようなものなんです。
練習じゃないんですよね。
常に真剣勝負。
だからこそ、いつ何時・・・・という常在戦場の気持ちでいないといけないんですよね。

しかし今週hあなんだかグダグダでした。。。。

そして、変に正直勝ち癖がついていました。
ある程度パターン化されたリピートテクニックを編み出し、それを使えばほとんどの先生のリピートテクニックがUPします。
自分でそれを考え出した時は天才ちゃうかと思いましたが(笑)、ほんとちょっと言葉を変えるだけで伝わり方って変わるんですよね。
どこかで離脱した患者さんを「こなして」いたんでしょう。
獅子はウサギにも全力で・・・・と言いますが、要するに私は手を抜いた仕事をしていたんです。

いや〜ワキがアマアマでしたね。

隙だらけでした。

喪黒福造に心の隙間をドーンとやられました。

また、治療って触った瞬間に感じるものってあると思うんです。
例えば柔道で組んだ瞬間に相手の強さがわかるような感じで。

今回離脱した患者さんはあまり私とは相性が良くないタイプの身体の持ち主。
正直、あまり手応えがない、というか同じ結果を出すのに相性の良い体の人をやるよりも疲れるタイプなんです。

だからこそいつもはある程度気合い入れてやってたのですが、月曜日はホント気合いの気の字もなかったんですね。

自身のコンディション、驕り、気合いのなさ、これらが重なって治療終了後に受付で

「ちょっとの間治療お休みしたいです」

なんて優しく拒否られてしまったんです。

あ〜、書いててもまたイライラしてきましたね。

まさに後悔先に立たず・・・・です。

金額的に言っても、6500円×1年(12回)だとして78000円を自分の油断によって損失させたわけです。

約8万ですよ、8万!

そうとう美味しいもの食べられますよ!

講座で自費のことエラそうに講義して、その翌日にこの失敗ですからね〜

我ながらアホですわ。

人にエラそうに講義タレてるくせに、自分がその翌日に初歩的ミスを犯すんですからね。

高校時代の柔道部なら口の中ザクロになるまでどつかれても文句言えないレベルですホントに。

皆さんもぜひ気をつけてください。

ちょっとした油断や驕りがこういう結果を招きます。
私は驕って油断したタイプでしたね。

また、驕りも強すぎると、下手すると

「離脱するヤツが悪いねん」

って言う思考になりかねません。

これは驕っているパターンか、元々ひねくれていて自分自身がダメということを認められないパターンかの人の思考ですが、前者の驕っている人は今結果が出ていても必ず落ちてきます。
後者の元々ひねくれていてこういう思考になる人は独立開業してはいけないタイプです。

今回は他にどんな要素もなく、完全に私の責任で離脱しました。

これを参考にしていただき、こういうミスを予防してもらえればと思います。

と言いながらも、明日は神戸で柔道家たちと飲みます(笑)

あ、反省はしてますよ。

ちなみに明後日の自費導入基礎講座に参加される先生、懇親会はフグです(^-^)

【残り3席のみ】3/13(日)開催、そんな大失敗をした私が講師をする自費導入基礎講座お申込みはこちら

自費導入基礎講座申込フォーム


投稿者: 正隆松村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です