オススメ書籍『才能が9割 3つの質問であなたは目覚める』

こんばんは、整骨院自費導入アカデミー主宰の松村です。

Facebookで私とつながっておられる方はご存知の方も多いのですが、私柔道やっててバリバリの体育会系と思われがちですがそんなこともなく、結構読書家なんです(笑)

自称「文化系運動部」です(笑)

ま、読書家と言っても、さほどエライわけでもなんでもなく、単なる活字中毒だったりします。
もう読む活字がなくなると、何かの取扱説明書を引っ張り出してきて読み出すという末期症状。
小説なら1日、というか2時間に1冊ペースで読めてしまいますので、東京なんかに行くときは、行き帰りで3冊は読んでしまうということで、予備も入れて未読の本を4冊は持っていかなくてはならない(ならないわけではないんですが)という結構重たい(物理的にも)症状なんです。
新聞も読みますが、新聞の文体というのは特殊ですのであまり好みではないです。

で、よく

「先生、どんな本読んでるんですか?」

と質問されますので、ちょくちょくと私が読んだ本を紹介していければと思います。

そんなオススメ書籍シリーズ第1弾は・・・・・・

 

才能が9割

これです!

(一社)才能心理学協会の理事長、北端康良さんの著書。

実は縁がありまして、この本の読書会に参加したのですが、なんとその読書会に著者である北端さんも来られていたんです。

お話を聞かせていただくと、本当に凄い。

我々ってよく

「俺、〇〇の才能ないねん」

とか

「私、この才能結構あると思うねん」

という風に「才能」って単語を使ってると思うんですが、この本を読むとそもそも「才能」の定義が違うんです。

あまり書くとネタバレ的な内容になっちゃいますのであえて書きませんが、才能って誰にでもあるんですよね。
ただ、ほとんどの人が自覚してない、できない・・・・

だから自身の才能を言語化することもないわけで、「自分は無能だ」なんて自分自身に絶望する人までいる。
しかし、この本を読めばそうでないことがわかります。

あ、でも、だからと言ってみんな努力せずに何か達成できる才能があるとかそういうものじゃないですよ。

行動しないと結果は出ませんから。

でも、自分の才能を知ることで、もっと自分を信じることができるようになるでしょう。
自分の才能を知ることで、仕事や事業ももっと加速するでしょう。
経営者は社員の才能を知ることで、今よりもスムーズなマネジメントができることでしょう。

読む価値有りです。

一応、Amazonのリンクを貼り付けておきますので、購入されるならクリックすればすぐに購入できます。

購入はこちら↓

 

さて、実はこの才能心理学のワークを使って、マーケティングプランを構築できるんです。

そして「真・治療院マーケティング講座」では、講師の髙橋氏が才能心理学ファシリテーターですので、講座内で実際に受講される先生方の才能を言語化し、それに応じたマーケティングを考えていくというワークを行います。

残り5名で定員となります。
今週で申込受付は終わります。
本当のマーケティングを学んで、来年地域ダントツの院にしたいとお考えの先生は今すぐお申込みください。

お申込みはこちら↓
http://bk-adballoon.com/marketing_seminar/

※なおエリア制限を設けております。
申し訳ございませんが

西宮市・芦屋市・宝塚市・尼崎市・神戸市中央区・神戸市兵庫区・神戸市長田区・神戸市須磨区・神戸市西区・小野市・京都西京区・京都市山科区・京都市北区・高槻市・和泉市・泉南市・高松市・福岡市・仙台市

で治療院をされている先生はすでに受講することができません。


投稿者: 正隆松村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です