今すぐ接骨院・整骨院の看板を下ろせ。


こんにちは、整骨院自費導入アカデミー主宰の松村です。

前の記事で、「怒り」の感情云々と書いておきながら、非常に申し訳ないのですが・・・・

この時期からクリスマスにかけて、毎度毎度私は怒っております。

過去にもFacebook等で何度も書いているのですが・・・・

 

 

コスプレすんな!!

 

 

これを強く言いたい。

リラクゼーション系の「お店」や、飲食店ならいい。

しかし、こと接骨院・整骨院は、保健所に開設届を出し、療養費受領委任払いをしているなら近畿厚生局にも届けを出し、医療の一旦を担う施設として公的に存在するわけです。

そんなところがコスプレすなっ!

今は「笑い」が免疫力を上げるとか言ってますが、笑いで治したいなら吉本行けや。

モラルゼロどころかマイナスやないか、ホンマに。

 

理由要ります???

 

一応書いときます。

 

今日、ある医療関係者の方からのご紹介で腰痛の方が受診されました。

歩くのも辛そう。

これ、もし私がゾンビのカッコしてたらどないなってたでしょう?

紹介してくださった方の顔を槇村香並みの10tハンマーでぶっつぶすくらいのことですよ。

 

ちょっと考えようよ、ホントに。

 

もしあなたが急性腸炎になって救急車で搬送されて、その搬送先のお医者さんがダースベーダーのカッコしてたらどないです?

CT画像見ながら

「う〜ん、小腸壁がかなり腫れてますね。入院してください、コー、ホー」

とか言われて、その病院に入院したいと思います?

 

我々の仕事は「医療」なんですよ。

鍼灸も同じですが、ただ整体などの民間療法をしている方や、単なるマッサージやリラクゼーション系の店と我々の境目って、「医療か否か」という部分なんですよ。

で、その境目をつけるのは我々の「自覚」なんです。

自覚を無くした時点で、医療ではなくなるんです。

だからね、医療人としての自覚のない柔道整復師は、今すぐ接骨院・整骨院の看板を下ろしなさい。

以上。

 

追伸

ある意味俺らはいっつも白衣のコスプレしとるやないかい。
私にとって白衣は道衣と一緒なんです。

 


投稿者: 正隆松村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です