信じた道を突き進め。

こんにちは、整骨院自費導入アカデミー主宰の松村です。

さて、最近Facebook等では、我々の業界のセミナー情報などがたくさん出回っております。

もちろん、当アカデミーの情報もその中にあるわけです。

そんな中で、治療系セミナーでも、煽りの激しいものがたくさん出てくるようになりました。

やれ効果の可視化だ、やれ、最新のなんちゃらだ・・・・など。

そんな中、最近よく目にするのは海外の腰痛ガイドラインのお話。

急性腰痛の際、

・活動性の維持

安静にするよりも普通に生活をした方がいい

 

・読書療法

正しい情報を入れて思い込みをなくす

 

・温熱療法

あたためる

 

・アセトアミノフェン

・NSAIDs

・オビオイド(麻薬系鎮痛剤)

・筋弛緩剤

・ベンゾジアゼビン(抗不安剤)

薬物の投与

 

・脊椎マニピュレーション

いわゆるカイロ

 

が有効というエビデンスが出たという話です。

 

では、他の治療法は、ダメなんでしょうか?

 

答えは「NO」です。

 

急性腰痛の際、推奨しない治療法として

 

・安静臥床

エビデンス:高
利益:無し
推奨度:D

 

・経口ステロイド

エビデンス:中
利益:無し
推奨度:D

 

・運動療法

エビデンス:高
利益:無し
推奨度:D

 

という3つは、患者に対する利益がないという結果が出ています。

ということは、急性腰痛の場合、安静指導、ステロイドの処方、運動療法はエビデンス的には効果がなく患者の利益にもならないという証明がされています。

まあ我々はステロイド系の薬を処方することは法的にできないので、安静指導と運動療法はしないようにすればいいわけです。

これら以外の

「腰痛教室」「仕事の変更」「冷却療法」「アスピリン」「鍼治療」「干渉低周波療法」「低出力レーザー」「ランバーサポート/コルセット」「マッサージ」「短波ジアテルミー」「TENS(経皮的電気刺激)」はどうでしょうか?

エビデンス:低い
利益:不明
推奨度:I

 

となっております。

そう、ダメとは言ってないのです。

要するに、こういうエビデンスというのはランダム化比較試験等のデータなので、急性腰痛の患者に鍼治療をして、全員がまったく良くならない、悪くなった等のデータがあれば、腰痛ガイドラインに必ず

「急性腰痛には鍼治療はしてはいけない」

という風に出るはずなんですね。

 

要するに、海外の腰痛ガイドラインで脊椎マニピュレーションが効果が高いという試験結果が出ただけの話で、マッサージや冷却療法、鍼治療をその腰痛ガイドラインが否定しているというわけではないわけです。

やっても良いんです。

そして、それをしていることは何も恥ずべきことではないです。

私も急性腰痛の際、ハイチャージと鍼で治します。

はい、治しているんです。

エビデンスは重要ですが、エビデンスだけで人は納得しません。

重要なのは、治療する人の人間性。

人と人って、科学的な証明だけでは通用しないものが必ずあるわけですね。

治療法を勉強することは決して悪いことではありません。

 

どんどん勉強していくべきだと思います。

でも、不安を煽る文章には惑わされないで欲しいんです。

数値化等しなくても、満足していただくことはできます。

エビデンスだけに頼らなくても、効果は出せます。

 

もちろん、臨床経験の少ない先生は知識と技術を高めるためにも、色んなセミナーに出るべきだと思います。

しかし、それが経験につながらないと意味はないですが。

 

ベテランの先生は、ぜひ今一度よく考えていただきたい。

そのセミナー、本当に必要ですか?

煽り文句に惑わされず、一度ご自身で情報を分析する必要があると思います。

開業して10年、20年やってきてたら、自院のガイドラインがあると思うんです。

それを否定することなど、まったくありません。

もちろん、急性腰痛に関しては牽引と運動療法はさすがに削除しないといけませんが、牽引がダメなのは私が修業時代から言われてましたし、急性腰痛で痛がっている人に運動させる先生もいないでしょうから、ほとんどの先生は大丈夫だと思います。

 

もちろん、セミナーを開催されている先生や技術を否定する気などありません。

 

それぞれの先生が、「これだ!」と信じて、そしてマスターした治療法を、より多くの患者さんを助けたいという想いでセミナー活動をされていることと思います。

そうじゃない先生は今すぐ死んでください。

お金儲けが目的でないなら(事業としてする以上は、利益を出すのが正当な活動です。そこは批判しませんし、金儲けは目的ではなく本来は目標だと思います)、受講生を集めるために、治療家の不安を煽ることはあまりよくないと思うんです。

その不安は、患者に向かいます。患者さんに不利益になると思うんですね。

 

今現在、カイロ以外の治療法をされている先生や、地域で10年20年院をやってきた先生、安心してください。

先生のやってきたことは間違ってないです。

だって、もし間違っていたら、すでに淘汰されてなくなっているはずですから。

ぜひ信じた道を歩んでいただければと思います。

 

 

整骨院自費導入アカデミー体験セッション開催中です。

5月31日(日)13時〜15時

6月6日(日)13時〜15時

6月14日(日)13時〜15時

が現在決まっている開催日です。

詳細、お申込みは

http://j-tia.com/taiken_form

↑をクリックorタップしてください。

 


投稿者: 正隆松村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です