情報の真偽について

こんばんは、整骨院自費導入アカデミー主宰の松村です。

最近は柔整業界も自費治療の導入される院や、自費治療だけに移行される院もたくさん出てきました。

そして、最初に実践された先生方は、セミナーを開催したり、DVDを発売したりと、私がアカデミーを立ち上げた頃と比較すると、とんでもなく多くの情報があるようになりました。

どの情報が正しくて、どの情報が間違っているのか?信憑性はどうなのか?

みなさん色んなことを思っていると思います。

今回はそんな先生方に、少しでも参考になればと思って書かせていただきます。

私が自費に完全移行したのが2013年1月。
早いものでもう丸2年が経過しました。
その頃はそういうDVDなどもなく、ひたすら自分で思考錯誤しました。
で、このアカデミーを始めてから、どんどんそういうセミナーが増えたり、DVDが発売されたりして、少しうらやましくもありました。

反応率の良いチラシ。
反応率の良いニュースレター。
PPC広告。
フロントエンド。
バックエンド。
LTV。
オファー。

私が業界に入った頃には、耳にすることもなかった用語や方法です。

現在は結構当たり前になりつつありますよね。

やはり自費を導入、自費に移行する際はマーケティングを学ぶことが必須になってくると思います。

そういう点では、アカデミーに入会せずとも、DVDを買わずとも、マーケティングの本を読み漁って、実践するだけでもそこそこの成果が出せるんじゃないかなとも思います。

私が最初に出会ったのは、神田昌典氏でした。
たまたま偶然です。嫁さんがたまたまテレビつけたら、たまたま神田氏が出演していて知った。
藁にもすがる思いだったので、神田氏の本をブックオフで購入して読んで、目から鱗になったというだけです。

なんせ2013年まで、神田昌典という名前も知りませんでしたから。

だから別に小阪裕司氏でもいいですし、その他の方でもいいと思うんです。
ただ、マーケティングを学ぶ上でとても重要なことは、マーケティングの本質を絶対に忘れてはいけないということなんです。

コトラー博士は

「マーケティングとは,価値を創造し,提供し,他の人々と交換することを通じて,個人や組織が必要(ニーズ)とし欲求(ウォンツ)を満たすことを意図する社会的,経営的活動である」

と言ってます。

そう、まずは自分、もしくは自分の院の価値を創造しないことには、その次の提供すらできないということなんです。
価値のないものを売るのは、詐欺です。

だから、ある意味ではどのセミナーやDVD、そしてアカデミー、それぞれが正しいということになりますし、ある意味では、全部違うということになります。

「全然参考にならんやないか!!」

と思われるかもしれません。

DVDなら、四の五の言わず、購入してみたらいいと思います。
最近は、全額返金保証付きが当たり前ですので、どうしても合わないなら返金してもらったらいいわけです。

「この方法は俺には合わない」

とわかった上で、返金までしてもらえるんですから、一石二鳥です。

セミナーがあるなら、まずは参加してみればいいと思います。

「この講師の先生とは合わない」

と思ったら、さっさと帰ってきたらいいわけですから。

アカデミーも同様です。
会員を募集させていただく前には、必ず体験セッションを開催するようにしてます。

3期募集の際は、実際のグループセッションに一度だけ参加していただく企画を考えております。
それに参加すれば良いだけなんです。

あとは自分の目を信じればいいんじゃないでしょうか?

最近よく出ているセミナーやDVDに関して言わせていただきますと・・・

まあお会いしたことのない先生ばかりなので、多分としか言えないですけれど、セミナーの講師をされるような先生や、DVDでしゃべっておられるような先生はみんな、ご自身が学んだマーケティング方法を、汗水垂らして実践し、そして結果を出されているということです。

だから、すべて正解なんです。
誰一人、間違ったことは言っていないと思います。
あとは、自分自身の問題だということなんですね。
これだと決めたことを、やりとげる。
結局は自分で実践しないことには結果は出ませんから。
Facebook等でも、自費系の情報は溢れていると思います。
情報に溺れないようにしていただければと思います。

整骨院自費導入アカデミー
http://j-tia.com/


投稿者: 正隆松村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です