2期生会員募集開始します!

こんにちは、整骨院自費導入アカデミー主宰の松村です。

さて、タイトル通り第2期生の会員の募集を本日より開始致します。

当アカデミーの「自費導入」というのは、「保険+数百円〜2、3000円」というものや、「美容メニューの導入」というものではありません。

アカデミーの目的は、「真っ白の経営」です。

ですので、アカデミーで言うところの「自費導入」とは

 

「外傷は保険、それ以外は自費」

 

というものです。

私自身は完全自費でやっておりますが、あえて保険をすべて捨てることはしなくてもいいと思います。

国民は外傷を健康保険で施術を受ける権利を持っておりますから。

 

臨床経験30年、骨折、脱臼もしっかり診ることができる先生もいます。

みんなで学んでいきます。

アカデミーでお伝えすることは、ノウハウではありません。

もちろん、それもお伝えしていきますが、その前にあなたの院の本質を作り上げていきます。

それがなく、ノウハウばかりを集めるから、おかしくなるんです。

 

ノウハウというのは、ノウハウの量に比例して悩みが増えます。

 

まずは医療人としての本質を磨かないといけないのです。

 

我々柔道整復師は、医療人です。

 

経営者である前に医療人なんです。

 

その本質を軸に、院を経営していかなければなりません。

 

正直、若く、本質形成がまだで、ノウハウばかりを学んで来られた先生にとっては、かなり厳しい内容となります。

まあ、若くない先生でもそういう先生はいますが。

そういう先生には、当初私もかなり厳しく接します。

決して甘やかさない。

でも、それを乗り越えることで、得るものが必ずあります。

一度は経験しないといけない厳しさなんです。

 

「今すぐ儲ける方法を教えてくれ」

という先生は、絶対に入会しないでください。

そんな方法を私は知りません。

 

10年後、安定経営できる院を目指してます。

 

定員は10名まで。

 

しかし、すでに1名の入会が決まりましたので、残り9名となっております。

 

しかし、全員が入会できるわけではありません。

 

すでに会員の先生と商圏が重なるところからのお申込みはお断りさせていただくこととなりました。

そうしないと、アカデミーに入会した意味がないから。

 

月1回のグループセッションが必ずありますので、西宮、もしくは大阪まで通える方であれば、どこのエリアからでも入会可能です。

 

入会金は決して安いものではないと思います。

しかし、それに見合うのは間違いありません。

 

残りたったの9名のみ。

 

正直、アカデミーの整骨院モデルは、地域で一番最初に始めた院が一人勝ちします。

 

神田昌典さんが主宰するTHE・実践会のメソッドをふんだんに盛り込んだアカデミーで、あなたも学んで10年先も地域トップになる、クリーンな経営の院を作ってみませんか?

 

↓お申込みはこちら

http://j-tia.com/#form

↓アカデミーホームページはこちら

http://j-tia.com/

 

また、体験ワークも開催しております。

今回の体験ワークは、私が自費に移行する際に実際に行った作業をそのままやっていただきます。

以前、体験セッション(前までは体験セッションという名称でした)に参加された先生から嬉しい連絡をいただきました。

 

T先生

「昨年体験セッションに参加させていただき、その後自費の割合も、ひと月後には1.5倍となりました。体験セッションを境に、自費を導入し患者さんに案内し勧めていくことを始め、また外傷以外は徹底して自費で治療することをした結果だと思います。自費の割合が増えたことで、やりたかった本当の治療ができてきているように感じています。」

 

体験だけでもこれだけの効果を出した先生がおられます。

 

次はあなたの番です。

↓体験ワークお申込みの方はこちら

http://j-tia.com/taiken_form

 

8日(日)の受付は定員のため終了しました。

なお、15日(日)の開催がどうしても無理という先生のために、15日と同じ時間、場所で22日(日)も開催することとなりました。

参加費はたったの3000円。

参加しない手はないと思います。

もちろん、3000円以上の中身ですが、どうしても納得いただけなかった場合は、全額返金致します。

早めにお申込みくださいませ。

 

なお、22日の申込フォームは現在作成中です。

早めにお申込みをされたい方は、体験申込フォームで一旦15日希望にチェックを入れていただき、メッセージ欄にその旨を入力してお申込みください。

後ほど連絡させていただきますので。

 


投稿者: 正隆松村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です