もうウソはつきたくない。

こんばんは、整骨院自費導入アカデミー主宰の松村です。

 

今週日曜日は「自費導入マスター講座 in 関東」でした。

受講された先生方は5時間の講座、とても疲れたと思いますがいかがだったでしょうか?
また懇親会までお付き合いいただきありがとうございました。

会場を提供していただいた経営者仲間で仲良くしていただいている株式会社リーガル・ステーションの岩崎先生、NAC社会保険労務士事務所の中西先生、2日間ありがとうございました。

 

東京では、すでに埼玉、茅ヶ崎、そして新潟の先生が入会されていましたので講座前日はアカデミーグループセッションを行いました。

 

特別講師の高橋さんにも来ていただいて、かなり濃い内容になったと思います。

そのあとは、岩崎先生、中西先生にアテンドしていただき、安くて美味しい回転寿司を食べ、

その後、焼き鳥屋さん、最後にバー的なお店と東京の夜を満喫させていただきました。
ありがとうございます。

 

さて、昨日の講座でも受講された先生が言われましたし、私が開催する講座を受講される先生のほとんどが

 

もうウソをつきたくない!

もう心がついていかない!

もう後ろめたい事はしたくない!

 

と言われます。

わかります。
私もそうでした。

「肩こりは症状であって、傷病名ではないから傷病名をつければ肩こりは…」

みたいな屁理屈をいくらコネ倒しても、やっぱり無理です。
だって、肩こりを頚椎捻挫で請求してるうちはいいけど、その後どないするんですか?

4ヶ月目以降、長期理由出します?
他の部位に変えます?

今年度からかなり厳しくなりましたよね?
審査会の権限も強くなったとか、個別指導までを迅速にできるようにするだとか色々情報が出ています。

 

真面目な柔道整復師の先生はみな、心をすり減らして日々仕事をしています。
その様はまるで中間管理職のよう。

【患者→柔道整復師←保険者】

という構図ですからね。
つねに板挟みです。

もうイヤですよね。
現場に出ている先生なら、患者さんとだけ向き合っていたいですよね。
経営者をしていても、スタッフと患者さんとだけ向き合っていたいですよね。

毎回毎回改正の時期にヒヤヒヤし、報道が出る度にムカムカし、返戻や回答書にもヒヤヒヤ、イライラ…

 

もう、自費でちゃんとやっちゃいましょうよ。

 

あなたは、なぜ柔道整復師になったのですか?

保険が扱えたらオイシイから?
違いますよね?

なぜ治療家という職業を選んだんですか?

独立したかったからというだけ?
違いますよね?

自分が怪我して治してもらったとか、なんかカッコイイと思ったとか、もっと単純な動機じゃないですか?
僕はそうでした。

では、なぜそう思ったのかを落とし込んでみてください。
そこに「保険」の文字は入らないはずです。

 

あなたが仕事をしていて、「よっしゃ!!」と思わず拳を握ってしまいそうになる瞬間って、口座に療養費の振込があった時ですか?
違いますよね?

患者さんが笑顔になった時や、悩みが瞬時に解消して驚かれた時、「ありがとう」と言ってもらえた時…

多くは、そうではないでしょうか?

 

自費だとそれができなくなると本気で思ってますか?

 

そこに「保険」も「自費」も関係ありません。

 

自費で院をやっていくために必要なことは

①正しい治療
②正しい問診
③正しいマーケティング

です。

骨盤矯正が流行っているから「骨盤矯正専門」だとか、そんな軽い治療は治療ですらありません。
骨盤底筋がその機能で4つに区分されることとか、腹横筋と腹直筋との関連や機能、梨状筋や内転筋と骨盤底筋との関連とか、全て網羅しているのでしょうかね。

手技で矯正するだけでは矯正ではないんですけどね。
理論を持って治療に当たらないといけません。

問診は治療以上に重要です。
例えば腰痛の患者さん。
腰痛の患者さんは腰痛で困っているのではないのです。
この意味がわからない先生はみな問診ができていません。
アカデミー内ではもう何度も説明していることですが。
これについて書くとそれだけで長くなるので、次の機会に書きますが。

マーケティングも同様、勘違いしている先生が多い。
値引きや回数券がマーケティングではないです。
マーケティングとは、学問。
MBAでも「3C4P」を学びますが、その中の「3P」をまずはそこをしっかりきっちりやっていかなくてはいけません。
値引きや回数券云々、ポスティングだなんだというのは、4Pの中のたった一つの項目。
反応率なんて高ければ高いほど良いなんて言ってるコンサルタントはバカを露呈してるようなものですし、「開業して◎ヶ月で月商◎◎◎万円!」なんて言ってるコンサルタントもバカ。
開業して最初は、患者さんをたくさん呼んではいけない理由があるんです。

 

これらを全部知った上で自費にしていくと、失敗の可能性はかなり低くなります。
なぜなら私自身がやってきて、実証していることですから。
アカデミー会員の先生も実践して、結果を出しているから。

 

もうそろそろ、その重い腰をあげてみませんか?

一時的に、アカデミーの入会申込フォームを解放しました。

関西以外でも九州に2名、関東に3名、中部に2名、中国四国に3名の先生が入会されています。

関東、九州は支部設立にあたり、支部だけの特典もご用意しております。
入会申込をされましたら、九州、関東の先生には特典案内も送らせていただきます。

また5月に開催する、「真・治療院マーケティング講座」(受講料12万円)、6月に開催される「真・問診口座」(受講料8万円・サイト準備中)も、入会すれば無料で受講できます。

 

申込フォームが解放されているのは4月7日(金)まで。
ウソをつかなくていい、自分の心に正直に生きられる、そんな未来のためにこのチャンスを逃さないでください。

早く行動すれば、早く結果が出ます。
今すぐコチラからお申し込みください。
 ↓ ↓ ↓

整骨院自費導入アカデミー
入会申込フォーム

 


投稿者: 正隆松村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です