私の自費移行成功までのストーリー 〜小さなステップ〜

さて、またまた更新が遅くなりました・・・・

前回記事からの続きです。

前回の記事をお読みでない方は、ぜひまず「私の自費移行成功までのストーリー 〜きっかけ〜」からお読みください。

私にはこの時、まだいきなり保険の取り扱いを辞める勇気がありませんでした。

正直、そうしたかったのですが、恐くてできなかったんです。

そう、完全にビビってました。

そこで、私は鍼灸師でもありますので、「鍼打ったら自費取りやすいだろう」程度のことしか考えずに術者が私一人であるにも関わらず

「肩こり治療 3000円」「腰痛治療3000円」「全身5000円」

という3つのメニューと、元々得意分野だったので

「婦人科・内科治療5000円」

という4つのメニューを作っただけでした。

また過去に治療代を300円上げただけで

「こんな高くなったらもう来られへんわ」

と言われた経緯があったので、

「今来てる人達にはできないから、新患さんから自費にしていこう」

と安易に考えていました。
一人でやっていたため、すでに予約制であったこと、7年頑張っていたので、マーケティング(当時はマーケティングという言葉すら知りませんでした)をせずとも、クチコミで新患さんは常に一定数来院していただいていたので、安易に考えていたのでしょう。

しかしながら、当時は「3000円もの大金をいただくんだから、今まで以上に気合い入れて治療せなあかん!」と考え、無駄に治療時間が長くなったり、過度に刺激を与えたりと、まるで治療デビューしたての新人がやるような間違いもしつつも、それなりに自費メニューの患者さんが増えてきました。
当時は保険での売上もあるし、保険が厳しくなって落ちた売上分位は補えるようになりました。

「このままでもええかな?」そう思うようになっていました。

当時、その後に来る障害があるとは想像することもなく・・・・

続く


投稿者: 正隆松村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です