私が自費導入アカデミーを作った理由①

私は平成17年2月にまつむら鍼灸整骨院を開業しました。

開業まで、私は大阪にある整骨院に勤務していました。
そこは鍼灸の資格を取得してから勤務した整骨院でした。
その前に勤務した整骨院は、今はもう無くなってしまっているのですが、治療家としての基礎を学ばせていただいたと思います。

もちろん、嫌なこともあったし、疑問に思うこともたくさんありましたが、それを差し引いてもすごく良い環境で働かせていただいたなという感じです。

様々な事情からそこを退職し(当時、円満に退職できることはほぼありませんでした。)、私が当時通っていた柔道整復専門学校の同じクラスの方の知り合いの整骨院の院長が、臨床経験のある即戦力が欲しいと言っているということで、その大阪の院を紹介されました。
なんでも、患者さんが1日に200人とか来る整骨院で、むちゃくちゃ流行っていると。 当時の私は何も知らないので、「すごいな〜、前に勤めていたところでも1日に120人位で、流行っていると思ってたけど、上には上がある。
これはすごく技術の高い整骨院なんだろう。ぜひ働きたい!」ということで、面接をお願いしました。

履歴書を持っていき、そこの院長とお話させていただくと、ものの5分で「明日から来れる?」と。
二つ返事でOKしました。
ただ、不安がありました。 それは・・・・・ 面接のため院内に入ったとき、居酒屋のような挨拶をされたことでした。

一抹の不安を抱えながら、働くことになったのです。 〜続く〜


投稿者: supper_massy

私が自費導入アカデミーを作った理由①」に1件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です