【交通事故】保険会社の調査がかなりキツくなってきているようです。


こんばんは、整骨院自費導入アカデミー主宰の松村です。

今回のブログは注意喚起的要素のブログとなります。

私の院は、自賠責を積極的に集めることはしていませんし、過去もしていませんでした。
だからかもしれませんが、交通事故関係のトラブルって経験がないんですよね。

私が注意していたことは

・診断書で書いてある部位以外は請求しない
・むやみに引っぱらない(日数、期間を増やさない)
・施術証明書の左側(表側)の下半分の欄には来院日ごとの経過などを詳しく記入する(抽象的ではなく具体的に)
・施術料は規定内の料金でやる
・態度の悪い保険会社の場合は、患者にその旨を伝えてうちの院では診られないとお断りする

だけです。

施術証明書に関しては、開業前に事故のことを詳しく教えてくださった先生が

「まっちゃん、この名前読んでみ。これって施術『証明』書やろ?これ、証明書やねん。どういうことかわかる?
やったことを証明するのはもちろん、やってないことも証明するんやで。だからやったことを書いてなかったらやったことにはならへんし、やってないことを書くのはアカン。裁判とかでも扱われるんやで、下手するとな。
だから数値化できるところは数値化するんや。痛みもな、『やや軽減』とかクソやで。
ちゃんと客観的に評価できることに関しては、絶対にコチラの施術録と証明書両方に日付とともに毎回記載しとくんや。ほんでな、こういう書類を見てあ〜だこ〜だ言うのは(会社とかで調べるという意味)医者や。柔整師ちゃうねん。保険会社もお抱えの医者くらいおるねん。医者が証明書読んでわかるようにせなあかんから、臨床的にクソの役に立たんでも徒手検査とか可動域検査とか全部してその結果とか数値とか全部書いとけ!」

と教えてくださったので自分の能力で書ける範囲は書いていただけです。

部位に関しては患者さんが「実はここも痛いんですけど」と言った場合は、必ずもう一度病院に行っていただきその部位の診断書を取っていただくようにしておりました。
それが無理なら、少し処置的なことはしますが絶対に請求としては出しませんでした。(完全ボランティアです)

もちろん、上記対応と同時に保険会社の人身担当者にすぐに電話で報告して了解を得てから施術していました。

何度か、手関節の捻挫や肘関節の捻挫だけ(自転車に乗っていて車に軽く当てられてとか、歩いていて原付に軽く当てられて転倒して手をついて負傷など)で3回の施術で転帰を「治癒」(本当に治癒したんで)で出したところ、保険会社から

「もうちょっと治療していただけないですか?」

とリクエストが来たことがあります(笑)
まあ被害者さんに支払うお金の都合が色々あるようでしたが、治っちゃったのに通ってもらうわけにもいかないですし、そもそも患者さん自身も「治ってるのに通院だけするの申し訳ないですし、別にそんなお金が欲しくて通院したいなんて思わないですから先生の言われるように終わらせてください」と言われたので保険会社にもその旨連絡しました。

「転帰を『中止』にしていただけないでしょうか?」

と言われ、当時何も知らなかった私は

「いや、それやったらまるでうちがちゃんと治せてないみたいですやん」

などとゴネてしまったことがあります。

その時は全然知らなかったんですが、色々事情があるようで保険会社さんも大変ですね。
(しかし、無知な私でも転帰を「治癒」にしたのは明らかに受傷してから症状消失するまで神経症状もなく、なおかつ骨折などで変形治癒やいわゆる「怪我してからたまに痛むねん」という、いわゆる後遺障害のリスクがほぼ絶対と言えるほどにないものだけで、ムチウチのように症状固定で終わってしまうことが多いものはもちろん、手首や足首の骨折の後療のように、可動域制限や運動痛などが残るリスクが少しでもあるものに関しては、転帰は絶対に「中止」にしていました。)

 

おかげさまで(かどうかわかりませんが)、西宮、芦屋、尼崎あたり在住の事故被害者の方は、保険会社が

「〇〇保険株式会社の〇〇と言います。実は診ていただきたい方がいまして」

と紹介してくださることもありました。

 

もちろん、そんな保険会社ばかりではなく、超無礼な会社、というか担当者もいました。

電話してきていきなり、

「おたくに行きたいって言ってるけど、どうせマッサージしてたくさん通わせるんでしょ。あまり引っぱったらお金出しませんよ」

と言ってきた担当者。

 

「本当は整骨院なんて行っても治らないから通わせたくないんですけどね。希望するから仕方ないから行かせますけど」

と言ってくる担当者。

 

まぁ、「あ〜、どうせ金儲けのために整骨院通うんやろ。柔道整復師もどうせモミモミして通わせるんやろ」という過去の自身の経験からくる先入観で、最初にガツンとカマしておきたいのでしょうが、人としての礼儀もクソもない人間とは交流したくありません。

ですので私は、

「あ、そうなんですか。それでしたらそのことをそのまま被害者さんに言って『違う整骨院に行け』と言うか『整形行け』って言っていただけますか?うちはこんな無礼な態度を取る社員がいるようなところとはお付き合いしたくないですから」

と伝えてお断りさせていただいておりました。
患者さんには申し訳ないですけど、人としての礼儀を欠いた人とは、書類のやりとりだけであってもお付き合いは一切したくありません。
これは、保険会社云々ではなく、「人 対 人」の問題です。
患者さんがすでに受診の予約を入れられていた場合は、お断りしたお詫びとしてその日は無料で施術をし、事情を詳しくお話して、違う病院か整骨院に行っていただくように説明させていただいておりました。(もちろん、その1回は請求は出しませんが、通院したという証明はいつでも保険会社に出しますということもお伝えしてました)

 

ただ、ここ最近は「保険が厳しくなったので事故の集客」という流れから不正が増えたからか、私が事故を扱っていた頃よりも色々とキツくなっているようです。

ホント、私がまだ少数ではありますが事故を扱っていた時は、先述したような担当者の人間性に関する問題はありましたが、イヤな思いをすることのほうが少なかったように感じます。

 

でも、1年ほど前になりますが、うちの患者さんが歩道を歩いていて車にひかれて鼻骨骨折、眼窩底骨折、頚椎捻挫をしました。鼻骨骨折と眼窩底骨折は治ったけど首だけまだ痛いということで久々に予約を入れて来られました。

予約時は「首を痛めました」だけだったのですが、お話を聞くと事故だと。

さすがにこれは自賠責やろ〜と思ったので、「事故の保険でいけますよ」とお伝えしました。
患者さんが早速保険会社に電話。

すると「整骨院は認めません」とのこと。

患者さんも

「この担当、むっちゃ態度悪いからあんまりしゃべりたないねん。顔の骨折の時も『まだ治らないんですか?』とか電話で言うし。顔痛いのに」

とのことで自費で治療。
「治療を選択する自由が!」なんて言いますけど、実はそんなのあってないようなもの、というか実際は色々ややこしくて、なんでもかんでも自由に選べるわけでもないのでそのあたりを保険会社に言われたら終わりですから。

まぁ、しゃーないですよね。
泣き寝入りです。
柔道整復師の不正が多いからこんなことになるんです。

そういう責任も感じたのと、ちゃんと治療したほうがいいので治療代を半額にしてやらせていただきました。

確かに、大した怪我、もしくはそもそも怪我してもいないのに被害者面してエラそうにするヤカラみたいな人も多いです。うちもまだ保険を扱っている頃にきたそういう人たち何人追い返したか。

自費になってからでもたまに、予約も取らずに入ってきて、首をさすりながら

「事故やねんけど」

と敬語も使わずに横柄な態度のヤツもいます。

事故が印籠か何かと勘違いしてるんでしょう。
面白いことに、そういう人は「あ、うち事故は扱ってません」と断ると急に敬語になりますよ。
まぁ私も入ってきた時点でブチギレてるので、かなり殺気が出ていると思いますが(笑)

 

でもでも、明らかに鼻と眼窩底を骨折するほど顔面部を強打してて、整形に行っても全然治らないからうちに来てんから認めてあげて欲しかったな〜、と思っています。

すでにアメリカで、被害者感情の強さで治癒期間が伸びてしまうというデータまでありますから、先述したような保険会社の人身担当者はこのデータを見て悔い改めないと自分で自分の首を絞めるということにもなりかねないと思います。

 

 

さて話を戻します、というかようやく本題です。
大阪のお話なので、全国的なものなのかはわかりませんが、凄い話を聞きました。

 

最近、保険会社が

 

・自分の会社に請求を出している院にいきなり訪問する
・「〇〇様の事故の件で」と言い、カルテ開示を求める
・カルテを見せると、「これ本当にその時に書いたものですか?」と聞く。
・さらに「今なら間に合いますよ」と言う。
・さらに「ホントなんですね?まだ間に合いますよ?今なら警察に行かずに返金だけで済ませてあげますよ」と聞く。

 

という方法で調査をしているようです。
非常に残念なことは、これでゲロする柔道整復師が少なからず存在するということ。
しかし、法的に良いのか悪いのかは事故を扱っていないのでわかりませんが、道義的には問題あるんじゃないかと思うんですよね。

 

お聞きした先生は何もやましいことがないのでもちろん大丈夫だったのですが、それでも非常に気分が悪かったと言っていましたし、他に患者さんがいる時に来て(その院は予約制)、他の患者さんいるのにそんなことを言ってきて、なおかつ「今治療中だから」というと、「待たせていただきます」と待合室に居座ったそうで、気になって治療に集中できなかったとのこと。

それに、その先生のサイトにも「交通事故認定」とか「交通事故専門士」とかわけのわからんことは書いてません。
弁護士と組んでます的なアピールはありません、というかそもそも交通事故のページがありません。
とても真面目な先生ですので、過去に怪しい請求も絶対にありません。

疑わしいならまだしも、さすがにそりゃないやろってやり方だと思います。

ただ悲しいかな少なからずゲロする柔道整復師が存在するため、個人的にはエラそうに言えても、柔道整復師としてエラそうに言えないところがまたもどかしいところではあるのですが。

 

保険会社側の気持ちがわからんでもないです。
例えば、私がコンビニを経営していたとして、いつも同じ制服を着た高校生に万引きされていたら、その制服着た子には

「おい、カバンの中のもん出さんでええんか?今返したら親にも学校にも警察にも言わんといたるぞ」

って言いたくなりますもん。

 

でも、基本的にそれやっちゃいけないですよね。

不正のニュースが飛び交っていますが、不正しないのが当たり前であるが故に

「柔道整復師の〇〇〇〇さん〇歳が、交通事故の保険を不正せずに真っ当に請求しました」

なんてニュースが出るわけがない。
全柔道整復師の何%が不正をしているのかはわかりませんが、不正でニュースに出るのは本当に少数派かつ悪質なんです。

大多数の柔道整復師の先生は、非常に真面目で、なおかつ非常に繊細。
治療家って、繊細じゃないといけないんですよね。

 

こんなことをされたら、

「なんか証明書に書いたらアカンこと書いてもたんやろか」
「あの患者さん、なんかやってたんやろか」
「俺、なんも悪くないのになんか処分されるんやろか」

と不安になり、夜も眠れなくなります。

 

そういう大多数の先生、安心してください。
ちゃんとしていればなんてことないんです。
悪質なやり方に、ムダに心を消耗しなくても大丈夫です。
書類の書き方のミスくらいなら、多少振込が遅れたり、注意されたりすることもありますが別に逮捕されることなんてありえませんのでご安心ください。

 

ただまぁ、書類の書き方から始まり様々なデリケートな問題を抱えてしまうリスクもあるのが交通事故案件。

私は、胡散臭いのが大嫌い。
「なんだかんだ言って、結局金儲けかよ」ってのが嫌い。

事故のことでも、「被害者救済」とか綺麗事言いながら結局は不正の温床になってる事故専門の団体があったり、逮捕者がセミナーやってたり、本来は法的にどうやねんってことを堂々と言っちゃってる団体があったり。

最近は、弁護士事務所からの飛び込み営業や電話営業まであります。(絶対乗っかっちゃわないようにしましょうね)

 

そんな中、私自身が

「ここだけは信用できる」

というセミナーがあります。
それが

株式会社プライムケア→ http://www.primecare.co.jp/

さんです。代表の杉本先生は、自身も柔道整復師でありながら保険の専門家でもあるという変わり種(杉本先生、失礼!)です。

Facebookで交流させていただいたり、一度西宮まで来ていただき直接お会いさせていただきましたので間違いないです。

万全を期しておきたい!という先生にとっては、受講必須の講座だと思います。
というか、結構事故系セミナーもまだまだ多いですけど、多分どこも杉本先生の内容には勝てないと思いますよ。

 

保険会社の方へ

まぁ、多分こんなブログは読んでもいないでしょうけど、事故に頼らず自費メイン(というかここ数年は自費100%)で経営している柔道整復師からの意見を書いておきます。

先述したように、気持ちはわからなくもないです。
患者さんが来てもない日に来たことにするだけでなく、診断書に記載されてない部位の請求、書類の不備、連絡するとけんか腰…と柔道整復師相手に散々イヤな思いをしてきたのかもしれません。
それでも、やっぱりこのやり方は院にとって迷惑ですしちょっとやりすぎではないでしょうか。
(悪質な柔道整復師が存在することは痛いほどわかっていますが)

多くの、普通にちゃんとしている柔道整復師は、心を痛めます。
ちゃんとやっていても不安で不安で仕方なくなります。
ぜひ、大多数の普通にちゃんとしている柔道整復師の先生たちのためにも、こういうことは辞めていただきたい、そう思います。

また、このやり方でゲロしちゃう柔道整復師の先生って、もしかしたらまだかわいいほうなのかもしれません。
(もちろん、金額の大小などが問題ではなく、行為そのものが問題であることは私もよく理解しています)

事故に限らず、不正ってのは様々なしがらみから「やりたくないけどやらなしゃーない感じ」でやっちゃう場合と、ガチで悪い場合とにわかれると思うんです。

私がよく聞くのは、お世話になった人に頼み込まれて仕方なく…というパターンが多いです。
いや、もちろんそれでもダメなものはダメってことは理解してます。
やっちゃった以上、罪は罪というのは重々わかった上で書いています。

過去、交通事故案件ではないですが、私も「不正してくれ」とお願いされたことがありました。
患者さんのご家族から。
お断りしたところ、なんと役所に嘘八百の苦情を入れられました。
役所に事情をきっちり説明すると、「よく断ってくれました」とお礼を言われましたが、その患者さんはそれ以降受診されませんでした。

障害保険の領収書の金額を勝手に改竄されたこともありました。
いきなり保険会社から電話がかかってきたのですが、なんか話が食い違うと思っていたら、領収書の金額を本来より高い金額に変えていたんです。

複写式を使っていましたから、わざわざあの複写のシートを買ってまで。
そこは一家数名受診されていましたが、結局その数名全員受診されなくなりました。

不正を正して、良いことをしているはずなのに院の売上は落ちる。
この図式もまたよくないことだと思うんです。

私はたまたま、保険時代もそこそこ流行っていたから別に不正する患者さんがいなくなったところで赤字になるわけではなかったですし、性格的にもハッキリものを言うほう(要するにキツい 笑)だったので、不正をしなくて済みました。

でも、経営的に危険な状況だったり、NOと言えない優しい性格だったりしたなら、本人は凄く良い先生であっても不正に手を染めてしまうということもありえるのです。

できればそういう先生にはキツくお灸を据えるだけにして、警察沙汰にはしないであげていただきたい。
やってしまったことはもちろんいけないことだけど、能動的不正ではなく、受動的不正ってのもあるんじゃないか、そう思うんです。

それに、一度不正が見つかってキツくお灸を据えたら、次からは

「すみません、以前そういうのお願いされてしまって、えらい目にあったのでできません」

と断りやすくなると思います。
ぜひとも、そういう先生にはチャンスを与えてあげていただきたいと切に願います。

 

で問題は本当に悪いヤツ。
自分が逮捕されて不起訴になったのをネタにセミナーするような人間もいるんですから、本当に悪いヤツってのは厚顔無恥です。こんな調査では多分ボロ出さないです。

そういうのを、なんとか手を尽くしてぜひとも牢屋にぶちこんでいただきたい、強くそう思うんです。

 

それとともに、真面目な柔道整復師の先生たちに対して、もっと情報を提供していただきたい。
施術証明書の書き方だって、ほとんどの先生が独学じゃないでしょうか?
私にしても、自分が書いていたものが正しいという自信はありません。
お世話になった先生に教えていただいた方法でしかないのですから、もしその先生が間違えていたら私も間違えているわけです。

ということは、例えば保険会社が柔道整復師向けに施術証明書の書き方講座を開催するとか、免停講習の時に必ず見せられる事故や飲酒運転の動画みたいなので、悪質な不正をして逮捕されたらその後の人生どうなるのか、どういう基準で「ちょっと調べたろか」ってなるのかなどの情報を提供すれば、真面目な先生はより真面目にやっていくから、不備もなくなりますし、ちょっとやっちゃいそうな先生はそういうの知るとやらなくなるから抑止力になるでしょう。

それでもなお堂々と不正をやっちゃう本当の悪徳柔道整復師は、徹底的にやっちゃったらいいと思うんです。

ぜひぜひ、

大多数の真面目な柔道整復師をあまりいじめないでいただきたい

と心からそう思います。

 

※柔道整復師の先生方へ

今回の保険会社のやり方を手放しで賛同はできませんが、不正が多いということだけでなく、明らかな不正ではなくても、慰謝料目的で通院してる患者すらもチヤホヤしてギリギリまで通院させるというような行為が多いために発生したことが原因なのは明らかです。
保険会社も、生命保険でも障害保険でも不払い問題があり、真っ白なわけではないですし、ある意味コストカットの一環としてやっている部分もあるのかもしれません。
しかし、たとえそうだとしても、そこにつけ込まれる我々が悪いのは明白です。
たとえ保険会社が自社の利益のためだけに動いていたとしても、不正を正すという行為を止めることはできないわけです。

 

私は過去、不運が重なり本来は交通事故被害者であるはずなのに加害者にさせられたことがありました。
(長くなるので詳細は省きます)

首が痛いと騒ぎ、病院で「頚椎捻挫 全治1週間」の診断書を取り、お決まりのように整骨院に通院。

なんと一ヶ月29日も通院しやがりました。
それも半年も!!

途中何度も保険会社の方が、「こんなに通院してるのに改善しないのはおかしいから、一度整形外科を受診してくれ」と言っていましたが、「忙しいから無理!」と拒否。

いやいや、それって整骨院に受診するのに忙しいだけちゃうのって話です。
当時はまだドライブレコーダーも普及していなかったので、過失割合が私のほうが大きくなったのですが、あまりの悪質度合いに、被害者(という名の加害者)側の保険会社の方が、うちまで謝罪に来るほどでした。

で、書類がね、送られてくるわけですよ、私に。
〇〇整骨院に今月いくら支払いましたって。

首痛いって言ってただけやのに「下腿下部挫傷」まで付け足してるやないですか。
聞いたら、病院では診断も何もされてないじゃないですか。

正直に言いましょう。
今でもあのオバハンとともに、西宮の某整骨院を恨んでますよ。

あなたが被害者(だけ)のためを思って、「被害者やねんから慰謝料も多くもらったほうがいいやろ」と思って、安っぽい善意(と言っていいかわかりませんが)と自分の欲で「たくさん通ったらその分慰謝料多くもらえますよ」なんてアドバイスすることで、恨みを持つ人も存在するんですよ。

被害者がかわいそう、被害者を救済するという使命感があっても、院内では良い人ヅラしてても、加害者や保険会社にはヤカラ言ってる人もいるんですよ。

そして加害者も別に故意に事故を起こしたわけではないんですよ。
私のように、悪質な人間に事故られてしまって、なおかつ様々な不運が重なって加害者になってしまった人もたくさんいるんですよ。

人の弱みにつけ込むチンピラヤクザのような人間に加担することになりかねないんです!

事故で怪我をされた方々を救うという点は素晴らしいことです。
そういう人たちのために柔道整復師が存在するのも確かです。
でも、交通事故に関しては治療技術、医療知識だけでなく法的な知識、交通事故独特の知識もしっかり持ち合わせないと、悪質な被害者ヅラしたヤカラの手助けをすることになったり、本当に困っている被害者の方に迷惑がかかることもあるわけです。

安易に「うち交通事故扱ってます」なんて言わないほうがいいです。
安易に「ムチウチ専門」や「交通事故専門」なんてのは論外。

やるならちゃんと勉強して、本当の被害者に迷惑がかからないようにする、そして被害者ヅラした悪質な患者を断るくらいの気概を持ってやらないといけないと思います。

そういう労力、パワーは使いたくない、単に保険より単価が良いからという理由で交通事故の集患に注力しようとするのは愚の骨頂。

今すぐやめなはれ。

 

で、せっかくなので単価の話を。

例えば頚椎捻挫、いわゆるムチウチの方が受診されたとしますね。
部位を付け足さずに、真っ当に「頚椎捻挫」だけで請求したとします。
今の算定基準を知らないので、過去の経験からのお話になるのですが、一ヶ月の請求金額を来院日数で割ると…

私の自費の料金より安くなるんです。

これは、アカデミー会員ですでに自費にされた先生はみな言ってます。

「保険より単価が高い」ってのなら、自費のほうが事故より単価上がりますよ。
それに、今回のような保険会社の調査に怯えることもない。
カルテと施術証明書両方に記入するような二度手間もない。
最初は本当に困ってきてた人が、途中から完全に慰謝料目的に切り替わって、そのタイミングでやたらエラそうになったりワガママを言ってきたりして不快な思いをすることもない。

単に経営を考えて交通事故に注力するくらいなら、自費にするほうがよほど効率的です。

柔道整復師が、自賠責保険で治療できるという制度は、本当に困っている人にとっては本当に良いものだと思います。
だって、多くの整形外科で治せないものでも、我々は治せることがあるわけですから。

医療ではなく治療という点でいうと、古き良きものを受け継ぎ、そこに西洋医学の新しい知識を身につけている我々は本当に強いと思います。だって、未だに首の痛みで牽引してる整形外科ってまだ存在するんでしょ?
エビデンスとしてすでに牽引に効果がないって証明されてますやん。

そういう知識を身につけ、なおかつ古き良き伝統技術を学び、修業し昇華しているわけです。
で、治療をちゃんとする先生なら毎日治療しないです。

となると、通院回数は抑えられ、病院よりも単価も下がり、被害者は治る確率が高くなるとなれば、保険会社も柔道整復師に治療をお願いされるくらいになるかもしれません。

私が、なぜ大々的に事故をアピールしないものの、自身の患者さんに対しては自賠責での治療の門戸を残しているかというのは、経営的な部分ではなく、あくまでも痛くて困っている人をほうっておけないから。

だから保険会社がNOと言っても、治療代を安くしてでも診てます。

ここは経営じゃない部分。
柔道整復師の心意気の部分なんです。

でも、経営状態が悪ければそんなこともできませんよね?

だからこそ、自費だけでしっかり経営できる院作りをしていく必要があると思います。

今、交通事故に関してこうなってしまったのは、業界の責任。
もちろん、不正をしている柔道整復師が1番ダメなんですが、自浄作用がない業界にも責任があるんです。

社団の透かしが入った証明書でも関係ない時代なんですよ。

事故で怪我をした方が、怪我の専門家である柔道整復師の先生のところに自賠責でかかれなくなるのは、事故で怪我をした人たちにとっても不利益です。

絶対に困る人が出てきます。

だからこそ、先人が自賠責で患者さんを診られるようにしていただいたこの制度を守るために、もっとモラルを持った行動をしていかなければならないと思います。

 

技術を提供した人に直接対価をいただくことは罪でもなんでもありません。

外傷以外は自費、でやってこうよ。


投稿者: 正隆松村