こんな先生は受講してはいけない。


こんばんは、整骨院自費導入アカデミー主宰の松村です。

我々の業界は、保険の院で勤務している時や、保険だけで経営している時は自費でやるよりも「給料もらえるだけの仕事はできる」「メシは食える状態」まで持っていけてしまうというヌルかった時代があります。

本来、経営者になるには経営者としての資質が必要。
しかしヌルい時代があった我々の業界は、その資質がないにも関わらず経営者として今まで生き残ってしまっています。

では、どんな人が経営者としての資質がないのでしょうか?

それは…

 

「なんでもかんでも他の責任にする人」

 

なんです。

こういう人は

「俺のこと見ろよ〜」
「俺のこと理解せえよ〜」

って欲求が強すぎるんです。
もちろん、その欲求を上手く活用して

「お前すげえな」

って言われたくて頑張って成功する人もいます。

しかし、こういうタイプの多くはその欲求をこじらせ、コミュニケーションに難があり、技術の勉強に固執し、患者さんがリピートしないことを

「あの患者は俺の治療を理解できない」

とか

「あの技術はダメだ。違う技術を勉強しよう」

とか

「あのセミナーはダメだ」

とか、自分を省みることなく他の要素に責任転嫁して、いつまでも成長することなく、いつまでも色々なセミナーをさまよい続けるか、意固地になって誰からも学ぼうとして自滅していくかのどちらかの道を辿ります。

このような人は、どんなセミナーを受講しても無理です。

医療で言ったら、もう余命宣告のレベル。
淘汰される側なので、淘汰されるのを待つか、少しあがいて延命するしかありません。

まさに、「手の施しようがない」状態です。

私の講座は、マーケティング講座も問診講座も、そしてアカデミー内のセッションも全て本質に迫ることを基本にしています。

なので、

「俺はなんも考えへんで〜、頭も使わへん、身体も動かさへん、とりあえず楽して結果出るもん教えろや〜」

という要望には応えられない。

「金払ってんねんから俺の言うこと聞けや」

なんてのも大嫌い!
誰も「受講してください」なんて頼んでない!

私はアカデミー会員の先生も、講座を受講される先生も悪い意味で「お客様扱い」は一切しません。
そういうのをお望みなら、私の講座は絶対に受けないほうがいいですし、ましてアカデミーに入会なんてもってのほか!
全力でお断りさせていただきます。

別に「俺が王様や!」と言いたいわけではありません。

お互い対等なんです。
これは私が患者さんと接する時も同じです。

どっちがエラいもないのです。

真・問診講座、残り9席となりました。
先述したような先生がもし受講をお考えならぜひおやめください。
今回はアカデミー会員の先生のほぼ全員と会員のスタッフ、私の知り合いの歯科医の先生、アカデミー会員の友人の先生も受講されること、そしてグループにわかれて様々なワークを行うため、存在そのものが迷惑となってしまいます。

「全て自己責任」という経営者として当たり前の思考をお持ちの先生はお申し込みください。
その覚悟の先生に後悔させることは絶対に致しません。

経営者として、本当の治療家としてのマインドをお持ちの先生のための
真・問診講座
お申し込みはコチラ

https://bk-adballoon.com/monshin-seminar/

 

 


投稿者: 正隆松村